necoのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS ワンカップの思い出

<<   作成日時 : 2008/03/21 21:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


亡くなった父が大の日本酒好きで、私もその血を受け継いだらしい。

病院に入ったきりになって、大好きな日本酒が飲めなくて
とても可愛そうだった。

ある日私は意を決して、病院に日本酒を持ち込んだ。
目立たぬように「ワンカップ」である。
看護婦さんがいないときを見計らって、バッグの中からそーっと差し出すと
父は「おおっ!」と小さな声で嬉しそうに笑った。

私は父の体を心配しながらも、もう少し飲めばいいのに、と思ったが
父は「もうこれでいい」といっておちょこ一杯位飲んで私に返した。

私はそれからしばらくは、私のしたことが
父に返って辛い思いをさせたのではなかったか悩んだ。
でも今はそれも父との思い出になっている。

四人姉妹の上から2番目で、親の愛情を感じながらも
いつもちょっと不服だった私の、父との内緒の出来事であった。

今でも日本酒を飲む機会があると、父との思い出がよみがえり
少し淋しくなるのである。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワンカップの思い出 necoのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる